NUARL | NT01AX

普段使いに最適なTWS

NUARLのトゥルーワイヤレスステレオ(TWS)イヤホンNT01AXが非常に高評判なので買ってみた。購入直後のファーストインプレッションは、荒削りな製品品質といった印象。ペアリングが迷子になったり、本体を充電ケースに入れても充電されなかったり(AirPodsのようにマグネットで充電端子にくっつかないので、接触が悪いことがある)、音質が良くなかったりする。

いや、音質に関しては悪くはないんだけど、モノ系雑誌やテック系ブログのレビューでベタ褒めされている程良くは無い。多くのレビューサイトで、フラットかつ高解像度な音質と評されていたので期待していたが、全くそんなことは無かった。音質は低音寄りでフラットとは言えない。SE315のようなモニターイヤホンと比較して解像度が低く、こもった印象を受ける。1万円台の完全ワイヤレスイヤホンとしては妥当な音質だが、高評価のレビューが多く期待が高かっただけに残念だった。こんなもんなら、数万円追加投資してBang & Olufsen Beoplay E8を買えばよかった、と思った。

充電ケースの出来はいまいち。充電接点の接触が甘く充電されないことがある。

石の上にも数日

それでも我慢して数日間利用してみると、1万円台というそこまで高くない値段であるからこそ、普段使い用としてガシガシ使える事に気づいた。無くしたり故障したりしても、まあしょうがないかって思えるので、街でも、寝ながらでも、ランニング中でもいつでも使えるし、使わないときは無造作にバッグへ放り込んでおける。もし3万円くらいするイヤホンだったらもっと使用頻度減っていただろうな。バッテリーライフは噂通り凄まじく、本体だけで9時間、ケースと合わせれば30時間程使えてしまう。

手頃なサイズ感で持ち運びには悪くない。

ブラック・ゴールド

デザインはかなり好みだ。耳からうどんを垂れ流す例のイヤンホホや、WF-1000XM3とは比べ物にならないほどかっこいい。遠目に見たら光沢のあるブラック、しかしよく見たらゴールドが混じっている。黒髪男子かと思いきや、よく見ると茶髪が混じっているのが小洒落ているのと同じような程よい茶目っ気。安っぽくない、ギラギラしていないステルスなゴールド。冷静と情熱のあいだと言ったところか、静と動を感じる抜け目のない美しさを感じる色使いだ。

なんというか、いかにもガジェット好きにウケそうな色合いでとても良い。Shureのイヤホンからケーブルを取り去ったような、平坦な形状も美しく、かつ耳への収まりが良く実用的。良質なデザインオーディオで知られるBang & OlufsenのBeoplay E8と比較しても見劣りしないデザインだ。いや、むしろNT01AXの方が、かっこいいかもしれない。

筐体デザインが美しい。
左からWF-1000XM3、うどん、NT01AX。Beoplay E8は所有していないので比較できない。

オーディオコンテンツ時代のイヤホン

今までイヤホンは、予算の範囲内で音質を追求していたけど(とは言っても、Shure SE425より高価なイヤホンは持っていない)、音質じゃなくて実用性という判断軸もあるんだと認識させてくれたのがこのNT01AXだった。自分のイヤホン利用スタイルを見直してみると、最近は音楽視聴よりもPodcastやオーディオブック視聴時間の方が長い。移動時間や家事をしながら、隙あらばBackspace.fmやRebuild.fm、Audibleを聞いているので、イヤホンを耳に挿している時間は必然的に長くなる。そのような使用時間の長いデバイスは、高級機よりも普及価格帯の本製品くらいの方が気軽でいいかもしれないと思わせてくれた。この価格帯においては、バッテリー寿命、デザイン、音質(冒頭辛口批判したが、価格なりの音質ではある)を総合的に勘案するとNT01AXの右に出る者はいないと思う。

そんな訳で、今日もNT01AXは日常品 として重宝している。


This Product » NUARL NT01AX [Amazon.co.jp]
Related Product » Bang & Olufsen Beoplay E8 3rd Generation [Amazon.co.jp]
Related Product » Apple AirPods Pro [Amazon.co.jp]
Related Product » SONY WF-1000XM3 [Amazon.co.jp]
Related Product » Shure SE315 [Discontinued]
Related Product » Shure SE425 [Amazon.co.jp]

Photos taken with; FUJIFILM X-T30

この記事は、所有物を羅列する連載企画 “MyFavorite Things” に属します。

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

one + twenty =